一般社団法人 全日本煎茶道連盟

更新日 2022年12月15日

    

                                     
    公式facebookpage
   公式twitter

                                                            




お茶会・研修会・新着情報など
  
  【ご案内】

   
黄檗カレンダー(大)・みちしるべカレンダーは好評につき、売り切れました。
     「煎茶道手帳2023」(1冊800円送料別)は申し込み受付中。



   【第37回日本煎茶工芸展】
     
     工芸展に出品の作品を募集しております。

     ⇒詳細・実施要項の取り寄せはこちらから



 【新会員について】


  準会員(賛助会員)制度について

   
連盟では一緒に煎茶道を盛り上げてくださる会員を募集しております。
   この度新たに準会員の制度を設けました。

 
    ⇒詳細はこちら
1月の暦と席づくり


1月の異名=睦月、正月、開歳、開春、元月、暮新月、霜初月、初空月

初煎会=新年を祝い、家元や教授者の間で催される。これをもって稽古始めとする稽古場もある。富士、富士越の龍、松竹梅(歳寒三友)、富貴国色、玉堂富貴、富貴長命、富貴春、牡丹(富貴)、平安万年、田家早春、若松、霊芝、芝蘭、鶏鳴、大福、福寿、福禄寿、寿山福海、吉祥句、瑞雲、蝙蝠、干支、御勅題など、新年やおめでたい図柄を持つ煎茶器が、唐物を含めて豊富にある。

2月の暦と席づくり


2月の異名=如月、小草生月、華朝、酣月、春分、木芽月、仲春

節分=立春の前日で、2月3日ごろにあたり、冬と春の分かれる日。もとは立春、立夏、立秋、立冬の前日を指し、一年に四回あったが、立春の前日だけとなった。節分の豆撒きに因んでお福や鬼面などの絵柄の煎茶器もいいが季節を隔てる節分を無季の日と見て、一年中のあらゆる道具を自由に取り合わせてみるのもおもしろい。


 
〒611-0011
京都府宇治市五ヶ庄黄檗山内 煎茶道会館
一般社団法人 全日本煎茶道連盟
TEL:0774-32-1368 FAX:0774-32-6298
mail : yuseiken@senchado.com


当サイト内のすべての絵と文の無断転載、商用利用はご遠慮ください。
 既に転載している場合は直ちに削除してください。
 ご協力ありがとうございます。