一般社団法人 全日本煎茶道連盟

更新日 2020年 2月19日

    

                                     
    公式facebookpage
   公式twitter

                                                            



お茶会・研修会・新着情報など

第34回日本煎茶工芸展作品募集

令和2年5月23日(土)・24日(日)に全国煎茶道大会と同時開催にて、第34回日本煎茶工芸展を開催致します。
集められた作品の中から入選入賞作品を展示致しますので作家の皆様、是非ご応募下さい。


出品申込書の提出は、令和2年2月20日(木)まで必着となっております。

申込書ご希望の方・詳細はこちら⇒


二条城煎茶会

令和2年2月22日(土)~24日(月・振休)
会場 元離宮二条城 清流園内

お申込み・詳細はこちら⇒

【ご来会の皆様へ】
二条城煎茶会にご来会の皆様に、新型コロナウイルス感染症等の感染拡大予防のため、ご理解とご協力をお願いいたします。
主催運営側においては、消毒用アルコールの設置他、可能な対策をとります。
ご来場のお客様におかれましても、下記について充分にご注意いただき、ご協力をお願いいたします。
また、感染予防・拡散防止のためスタッフがマスクを着用している場合がございます。
ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

・感染防止のため、くしゃみ・咳・倦怠感などの症状がある方は、医療機関にご連絡の上、事前に指定された機関で受診いただきますようよろしくお願いいたします。

・消毒用アルコールを設置しておりますが、非常に多くの方が使用されます。消毒用アルコールの入手が困難なため、携帯用の消毒アルコール等をお持ちの方は、ご持参いただくなどにご協力をお願いいたします。

・くしゃみ・咳などの症状がある方はもちろんのこと、予防の観点からもマスクの着用他、ティッシュやハンカチを使うなどの「咳エチケット」の対策をお願いいたします。





準会員(賛助会員)制度について

連盟では一緒に煎茶道を盛り上げてくださる会員を募集しております。
この度新たに準会員の制度を設けました。

詳細はこちら ⇒




書籍販売
『うるしたのし 京塗表悦四代

販売開始


⇒お申込 ・ 詳細はこちら


日本煎茶工芸協会 発行
『煎茶の工芸その人と技』
販売のご案内


日本煎茶工芸協会より煎茶作家の紹介の他、
工芸作品の素材や技法など各作家自らが自らが描き下ろしで解説。
お手元にある道具のことがもっと好きになる。もっと身近になる一冊。

⇒お申込 ・ 詳細はこちら




  『文人趣味歳時記』販売のご案内
月刊『煎茶道』連載の方外閑人 素履先生の表紙画集です
⇒詳細はこちら




ほていまつり協賛茶席
開催日  毎月8日11:00~15:00

<休会月>

1月・2月 茶席休会 / 2月・8月 ほていまつり休会

会 場  黄檗山萬福寺内有声軒   

茶 券  1席 500円 当日券のみ

煎茶道が初めての方もお気軽にご来場下さい。
令和2年  3月8日(日)
担当 美 風 流

令和元年度各流月ごとの行事予定
変更となる場合がございますので、各流へお問い合わせの上、ご参加下さい。 

 令和2年  1月>>  
 
2月の暦と席づくり

2月の異名=如月、小草生月、華朝、酣月、春分、木芽月、仲春

節分=立春の前日で、2月3日ごろにあたり、冬と春の分かれる日。もとは立春、立夏、立秋、立冬の前日を指し、一年に四回あったが、立春の前日だけとなった。節分の豆撒きに因んでお福や鬼面などの絵柄の煎茶器もいいが季節を隔てる節分を無季の日と見て、一年中のあらゆる道具を自由に取り合わせてみるのもおもしろい。

3月の暦と席づくり

3月の異名:弥生、花月、季春、晩春、暮春

曲水の宴=3月3日。晋の永和9年(353)3月3日に王義之が会稽山麗の蘭亭(中国浙江省紹興市外)に文雅の友41人と会し、曲水に盃を流して詩を賦し、義之が序文を作り蘭亭記をまとめた。この故事に因んで京都の平安神宮などで曲水の宴が催される。煎茶器には、王義之、義之換鵞の古染茶碗の他、桃に因んだもの、蘭亭曲水図、蘭亭序の拓本などの掛物がある。

 
 
〒611-0011
京都府宇治市五ヶ庄黄檗山内 煎茶道会館
一般社団法人 全日本煎茶道連盟
TEL:0774-32-1368 FAX:0774-32-6298
mail : yuseiken@senchado.com


当サイト内のすべての絵と文の無断転載、商用利用はご遠慮ください。
 既に転載している場合は直ちに削除してください。
 ご協力ありがとうございます。