庭と建築の煎茶文化
近代数寄空間をよみとく

~ 販売開始のお知らせ ~


煎茶関連図書として連盟にて取り扱わせていただくこととなりました。
ご希望の方は、下記までお申し込みください。


※画像クリックで書籍紹介が表示されます

尼﨑博正・麓和善・矢ヶ崎善太郎 編著
発行:思文閣出版
A5判・352頁/定価:本体5,500円
(税込5,940円 送料別
ISBN978-4-7842-1944-5
2018年12月発売開始
※発行元、連盟在庫がなくなり次第終了とさせていただきます。

煎茶の流行、茶の湯(抹茶)の復興、近代茶道界はまさに煎茶・抹茶がせめぎ合い、
そして融合する時代であった。
それゆえ、煎茶に興じた数寄者たちの好みや背後にある煎茶文化を
ふまえなければ近代数寄空間(庭・建築)は理解できない。
大正以降、茶の湯の流行とともに煎茶文化そのものは陰に隠れても、
庭・建築に取り入れられた煎茶的な趣向は、茶の湯の世界と融合し、
新たな近代数寄空間を形成していったからである。
これまで茶の湯の視座からのみ語られてきた近代数寄空間を煎茶的要素からよみとき、新たな解釈を提示する。


◇ 目 次 ◇

Ⅰ.近代数寄空間と煎茶趣味

近代庭園の空間的特質と煎茶(尼﨑博正)
煎茶の場と環境(矢ヶ崎善太郎)
煎茶席の意匠的特質(麓和善)
コラム1 植治と箒庵と有朋(尼﨑博正)
コラム2 小川可進―初代後楽(六世 小川後楽)

Ⅱ.煎茶流行の時代

煎茶文化(六世 小川後楽)
補論 煎茶の庭―その希求する源的世界(六世 小川後楽)
文人煎茶の庭(霊鷲照石)
煎茶席と近代和風住宅(麓和善)
近代数寄者の煎茶と文人趣味(矢ヶ崎善太郎)
明治のニッポンにて、外国人がであった「cha no yu」と庭園(武藤夕佳里)
コラム3 山紫水明処(頼純子)
コラム4 甦る煎茶席―草野家・中津万象園(七世 小川後楽)

Ⅲ.煎茶趣味の広がり

煎茶席の歴史的・地域的特質(麓和善)
各地の煎茶文化―その伝播の要因および経路(六世 小川後楽)
煎茶文化の伝播と普及(矢ヶ崎善太郎)
コラム5 渉成園の四方の門―西門から入園した頼山陽(加藤友規)

特論「煎茶」の思想的・政治的景観(六世 小川後楽)
終章 近代数寄空間の特質―煎茶と抹茶の融合(尼﨑博正)

付録 煎茶的要素を含む数寄空間一覧
索引(人名、庭園・建築名)



◆ お申込み方法 ◆

メール・FAX・お葉書にてお申し込みを受け付けております。
郵便番号・ご住所・お名前・電話番号・申込品名・数量をご記入の上、煎茶道連盟までお申込み下さい。
実費送料と振込手数料はお客様ご負担とさせていただきます。<郵便振替にて後払い>
連盟事務局営業日 平日9:00~17:00


< 申込み先 >
 一般社団法人 全日本煎茶道連盟
 〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄黄檗山内 煎茶道会館
    FAX:0774-32-6298 e-Mail:
yuseiken@senchado.com 
※ メールでお申し込みの方は、3営業日以内に返信のない場合は、今一度お問い合わせください。
年末年始休暇期間は返信が遅くなります。